ワークショップ/インクルーシブデザイン

インクルーシブデザインでは、ユーザーとの共同作業によるデザイン(コ デザイン)を重視しています。
MENU

ワークショップ/インクルーシブデザイン

ワークショップ/インクルーシブデザイン

 

HOMEに戻る > ワークショップ

 

 

ユーザーのコンテキストで考える

 

インクルーシブデザインでは、ユーザーとの共同作業によるデザイン(コ デザイン)を重視しています。
そのためにワークショップやユーザーフォーカスグループというユーザーとともに議論しアイデアを開発し解決策を考える活動を行っています。
具体的には、ユーザーサイエンス機構(USI)の活動として、2006年、2007年に英国王立芸術大学大学院(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート以下RCA)ヘレンハムリンセンターの特別研究員ジュリア・カセム氏によるワークショップを開催しました。
また、アメリカのユニバーサルデザインを提唱した中心であるセンター・フォー・ユニバーサルデザイン、リチャード・ダンカン氏によるユニバーサルデザインのワークショップを行い、インクルーシブデザインをユニバーサルデザインのコンテキストで考える機会を設けました。

 

 

 

 

ジュリア・カセム氏 ワークショップ

 

 

 

リチャード・ダンカン氏 ワークショップ

 

▲ページトップに戻る

 

Copyright (C) Kyushu University - Yasuyuki Hirai All Rights Reserved. 2008

このページの先頭へ