西鉄バス/インクルーシブデザイン

インクルーシブデザインにおける西鉄バスの研究です。
MENU

西鉄バス/インクルーシブデザイン

西鉄バス/インクルーシブデザイン

 

HOMEに戻る > 西鉄バス

 

 

インクルーシブデザインによる西鉄バスのユーザー調査

 

2007年の夏に、西鉄バスをクライアントに、ダーウィンLLPと共同でインクルーシブデザインの手法によるユーザー調査とワークショプを行いました。
社会的障がいによってサービスを享受できない、視覚障がいの方、下肢障がいの方、上肢障がいの方、バギーを使用する子連れの母子、外国人にエキストリームユーザーとして参加いただきました。
それぞれユーザーの方と一緒に、100円バス路線に乗ってユーザー観察とプロトコル分析を行いました。
その後、そのときに気づきを共有するワークショップを行い、気づきを200枚近いポストイットに書き出しました。その内容を不便さと機能に分けて分類、チャート化したのがこの表です。この表は西鉄バスのみならず、バスの乗降に関する一般的な課題や気づきを可視化したエキスペリエンスマップ(経験の地図)として、今後も充実し、活用していきたいと考えています。
(2007年10月16日 九州大学 大学院 人間生活システム部門 准教授 平井康之)

 

 

 

 

西鉄バスのユーザー調査(バスを待つ)

 

 

 

西鉄バスのユーザー調査(バスに乗る−バスで移動)

 

 

 

西鉄バスのユーザー調査(バスから降りる)

 

▲ページトップに戻る

 

Copyright (C) Kyushu University - Yasuyuki Hirai All Rights Reserved. 2008

このページの先頭へ