デザインとエモーション:ユーザー感性調査ツールの研究/インクルーシブデザイン

九州大学芸術工学研究院とヘレンハムリンセンターとは2004年に学術交流提携を結びました。これをベースに国内外に活動を広げてきました。
MENU

デザインとエモーション:ユーザー感性調査ツールの研究/インクルーシブデザイン

デザインとエモーション:ユーザー感性調査ツールの研究/インクルーシブデザイン

 

HOMEに戻る > デザインとエモーション:ユーザー感性調査ツールの研究

 

 

デザインとエモーション:ユーザー感性調査ツールの研究

 

経験の中から生まれるエモーショナル(情緒的)な表現は、重要な要素であるにも関らず、ユーザー中心プロジェクトでもあまり測定されていないのが現状である。
楽しいデザインを創造するためには、デザイナーは製品のユーザビリティーとエモーショナルな表現の間の主観的、客観的属性をバランスさせる必要がある。
ユーザー感性は、楽しい製品を作るのに重要な要素である。感性は「人が外的な刺激を受けた時に起きる心理/生理学的な印象、意見、結果、反応」と定義される。
感性プロセスでは、人間の感覚(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)と情緒、感情、感覚、直感が含まれる。ユーザーの感性は(個性、気分、経験など)他の内的な状況に左右されやすい。
開発した感性シートは視覚的に記録するツールである。
それらは、ユーザーの言語や知識に関係なく、理解しやすく使いやすく作られている。
製品やサービス使用時の、内的なエモーショナルな反応と認識された生理的反応を記録し解釈するツールとして2つの異なった感性シートが作られた。
第1のシートでは、ユーザーのエモーショナルな反応は、リナートタイプスケールで測定される。少し感じる(10%)感じる(40%)非常に感じる(70%)強く感じる(100%)。
第2のシートでは、ユーザーの肉体的な反応は、同様のリナートタイプスケールで測定される。少し不満(10%)不満(40%)非常に不満(70%)強く不満(100%)。
これらのシートの活用でデザイナーは、多くのエモーショナル、物理的反応を質的、量的両面から知ることができる。
質的側面はエモーション(幸せ、怒りなど)と物理的(汗ばむ、頭痛など)の兆候の分類である。そして量的側面は各々のエモーショナル、物理的な兆候の程度(低度、中度、高度)の分類である。

 

Design & Emotion: a new tool for measuring users’ Kansei

 

Emotional appeal is a key dimension in user experience that often goes unmeasured in many user-centered design projects.
To create pleasant design, the designer has to balance between objective and subjective properties of a product, between usability and emotional expressiveness.User’s Kansei is one of the most important tools to create pleasant products.
Kansei is defined as “the psycho-physiological impressions, opinions, consequences and reactions that emerge when a person is exposed to external stimuli”.
In the Kansei process, human senses (sight, hearing, taste, smell, touch) and emotions, feelings, sensitivity, intuition are gathered. And probably user’s Kansei is influenced by other internal tools (such as, personality, mood, experience and so on).
Kansei sheets are visual measurement tool.
They are easy to understand and use, regardless of the user’s language skill or knowledge.
Two different Kansei sheets were proposed to measure and interpret internal emotional responses and conscious physical responses of users while their interaction with products/services.
On sheet #1, the user’s emotional response will be measured according to a Likert-type scale: I feel this to some extent (10%); I feel this (40%); I feel this very much (70%); and I strongly feel this (100%).
On sheet #2, the user’s physical responses will be measured according to a similar Likert-type scale: I complain somewhat of this (10%); I complain of this (40%); I complain of this very much (70%); and I strongly complain of this (100%).
Through using these sheets, designers will be able to recognize all emotional and physical responses in two differentiated components; qualitative and quantitative.
The qualitative component is the identification of the emotional (happiness, anger, etc..) and physical (sweat, headache, etc..) signatures. The second, qualitative component will identify the degree of each emotional and physical signature (i.e. little, mid, high).

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページトップに戻る

 

Copyright (C) Kyushu University - Yasuyuki Hirai All Rights Reserved. 2008

このページの先頭へ