これまでの歴史 - History/インクルーシブデザイン

九州大学とインクルーシブデザインの関わりは、まず2003年に平井研究室がヘレンハムリンセンターのオフィスエイジ・プロジェクトに呼ばれたことから始まります。
MENU

これまでの歴史 - History/インクルーシブデザイン

これまでの歴史 - History -/インクルーシブデザイン

 

HOMEに戻る > これまでの歴史

 

 

九州大学とヘレンハムリンセンターが姉妹プロジェクトとして発足

 

九州大学とインクルーシブデザインの関わりは、まず2003年に平井研究室がヘレンハムリンセンターのオフィスエイジ・プロジェクトに呼ばれたことから始まります。当時ヘレンハムリンセンターの共同ディレクターのジェレミー・マイヤーソン教授と平井康之は、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート時代から同じオフィスデザインにデザイナーとデザインジャーナリストとしてそれぞれ関わってきました。

 

Kyushu University started research and study on inclusive design since 2003, when Yasuyuki Hirai laboratory received an invitation for collaboration with the Office Age project team at the Helen Hamlyn Centre. Professor Jeremy Myerson, co-director with Professor Roger Coleman at that time at the Helen Hamlyn Centre and Yasuyuki Hirai knew each other for long time, since the master student days at the Royal College of Art, sharing office design field as a common ground, one as a journalist and other as a designer.

 

高齢者ワーカーの問題に「知識移転」の視点でプロジェクト

 

日本では2015年に人口の4人に1人が65歳以上の高齢者になると予測されています。またヨーロッパでも2020年に就労人口の半分が60歳以上の高齢者になります。しかし、これまでこのテーマは、まだあまり取り組まれていませんでした。そこで「知識移転」という視点から九州大学とヘレンハムリンセンターが姉妹プロジェクトとして発足し、交流をしながらそれぞれの地域を調べ、プロトタイプ(構想モデルの具体的なもの)を提案するというプロジェクトを行いました。その結果は2004年10月にヘレンハムリンセンター主宰リサーチアソシエートショーで発表しました。

 

It is predicted that a quarter of the Japanese population will be over 65 years old by 2015. By 2020, half of the working population in the European Union will be over 50. However, ageing workforce issue has not been researched nor studied yet. An international research project was set up in the Helen Hamlyn Research Centre With a research team from the Faculty of Design at Kyushu University in order to research each area and create prototypes through academic exchange, from knowledge transfer point of view. The result was shown in October 2004 at the Research Associate Show 2004, held by the Helen Hamlyn Centre.

 

ユーザー参加型デザインプロセスとしてインクルーシブデザイン研究

 

2004年には、九州大学にユーザーサイエンス機構が発足しました。インクルーシブデザイン研究は、ユーザー参加型デザインプロセスとしてユーザーインターフェイス部門の中で活動をすることになりました。また内部に自主的なインクルーシブデザイン研究会が発足し、多くのスタッフをインクルードしながら発展していきました。具体的には、プロトハウス事務局と共同で建築家と施主をつなげるブルースカイミーティングプロジェクトや、医学部と共同の医療カルテプロジェクト、インクルーシブデザインやユニバーサルデザインの研究者を招聘し、公開ワークショプやセミナーを行いました。またインクルーシブデザインのプロセスについて研究をまとめ、2006年の国際ユニヴァーサルデザイン会議や、ユーザーインターフェイス部門レポートのかたちで発信しました。またアジアにおけるインクルーシブデザインも視野にいれ、2006年には中国の北京にある清華大学でインクルーシブデザイン・ワークショップを開催しました。

 

Also in 2004, the "User Science Institute"(USI) was established in Kyushu University, in response to the Strategic Research Center Development Programme initiated by Japan's Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). This programme was financed by MEXT's Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology. Inclusive Design research activity was extended to user participatory design process research, and became one of a main research field in the User Interface Division of USI. Within the division, 'Inclusive Design Research Group' was founded on voluntary bases, and started to include many staff members. The activities include the 'Blue Sky Meeting' project that was planned and organized with the Proto House, to connect architects and clients, the medical record (karte) project in collaboration with medical department of Kyushu University, and inclusive design/universal design seminars and workshops by invited guest researchers. The results of the study on inclusive design process were presented and published at the International Universal Design Conference Kyoto 2006 and in the User Interface report books. Furthermore, in order to extend the inclusive design into Asian countries, an inclusive workshop was held at Tsinghua University in Beijing in 2006.

 

ユニバーサルデザインの活動に対する新たなアプローチ

 

インクルーシブデザインの活動は、大きく分けて二つあります。一つはヨーロッパにおけるインクルーシブデザイン活動を紹介すること、もうひとつは日本におけるユニバーサルデザインの活動に対し、新たなアプローチとして、これからの日本のユニバーサルデザインの活動に貢献し日本の風土に合った考え方を創造することです。

 

There are two main activities in the inclusive design research. One is to introduce inclusive design activities in Europe, and the other is to contribute to Japanese universal design activities by creating new approaches fit to Japanese contexts.

 

 

 

 

インクルーシブデザイン ワークショップ

 

 

 

インクルーシブデザイン ワークショップ

 

 

 

「遠足を作ろう!」プロジェクト

 

▲ページトップに戻る

 

Copyright (C) Kyushu University - Yasuyuki Hirai All Rights Reserved. 2008

このページの先頭へ