メンバー紹介/インクルーシブデザイン

九州大学インクルーシブデザイン研究の平井康之ゼミのメンバー紹介です。
MENU

メンバー紹介/インクルーシブデザイン

メンバー紹介/インクルーシブデザイン

 

HOMEに戻る > メンバー紹介

 

 

平井康之 - Yasuyuki Hirai

 

九州大学準教授(インクルーシブデザイン/ユニバーサルデザイン)
※詳細は→九州大学「研究者情報」ページをご覧ください。
◆九州大学WEBサイト→http://www.kyushu-u.ac.jp/
◆研究者情報:http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K002361/research.html

 

 

 

 

 

諸岡 - Morooka -

 

◆自己紹介
役職&ニックネーム:修士2年、Hisayo
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
現在、修士課程では、「美容福祉の概念を用いた、高齢社会における自律支援のためのしくみの研究」を研究課題としています。 自分自身が、いくつになっても、どんな状態になっても素敵な女性でありたい、キラキラと輝いていたいという思いから、この課題に着目しました。このインクルーシブデザイン研究が実現することを願って、日々頑張りたいと思います。
◆業績
名古屋の学部時代の課題(写真)のプレゼンでゲストとして来てくださっていた海外の教授と、この九州大学で再び会うことができました。2年以上前の出来事であるにも関わらず、自分の「作品」を覚えていてくださったことは何にも代え難い喜びでした。

 

 

 

 

 

福丸 - Fukumaru -

 

◆自己紹介
ミーハー家族の長男として生まれ、幼いころから色々な新しいものに囲まれて育つ。
いろんなことにとりあえず手をつけてみるのが好き。浅く広く、毎日楽しくがモットー。
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
「災害時における人命救助の研究」
◆これまでの実績
2007-2008東京デザイナーズウィーク学生展出展 九州大学代表

 

 

 

 

 

堀田 - Hotta -

 

◆自己紹介
趣味はスポーツ、音楽など様々で、自分でいうのもなんですが多趣味です。特にサッカーは大好きです。
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
リノベーション物件におけるインテリアの特性などを研究しています。
◆これまでの実績
卒業研究では、リノベーション物件をリサーチ中です。

 

 

 

 

 

中川 - Nakagawa -

 

◆自己紹介
九州大学表千家茶道部、書道七段
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
「給食時間の研究」
自分で作った物はおいしく感じる、ご飯を残してもおにぎりになれば食べられる。調理方法のリクエストや、おにぎり作りを通して、食べるだけの受け身の給食ではなく、参加することで給食時間を食の経験の時間に変える提案です。また、残飯で手軽におにぎりを作るキットを制作します。
◆これまでの実績
給食時間の研究
子どもが撮影した写真の研究

 

 

 

 

 

野添 - Nozoe -

 

◆略歴
1983年生まれ。兵庫県姫路市出身、兵庫県立姫路西高等学校卒業、京都大学工学部工業化学科 化学プロセス工学コース 分離工学分野 卒業、九州大学大学院芸術工学府 デザインストラテジー専攻ストラテジックアーキテクト講座 平井康之研究室 在学中。
◆経歴
京都大学時代に九州大学、京都大学、RCA共催のインクルーシブデザイン ワークショップに参加。以後、次世代のデザインについての重要性に気づき、興味を持つようになる。それと並行して、「京都大学投資クラブ プリンシパル」を起ち上げ代表に就任、株式の共同投資を行う。また、カフェサークルにも所属し、京都市内のカフェを網羅する。お薦めは、Ace Cafe 。大原の宝泉院に季節毎に通いながら、一保堂茶補の抹茶を点てつつ、冨美家の鍋焼きうどんを頂き、京都らしい4年間を過ごす。
卒業論文テーマは、「氷晶テンプレート法を用いたシリカ・アルミナのモルフォロジー制御」。将来の進路を考える中、友人に勧められた「デザイン思考の道具箱」を読み感銘を受ける。今後の社会におけるデザインの重要性に改めてに気づくと共に、その素養を身につけるべく、九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻に進学を決意。その秋に、大学院入学試験に合格。
現在は、インクルーシブデザインを基盤として、広くデザインコンサルティングに関心を示す。また、そのビジネスでの応用として、将来デザインコンサルティング会社を立ち上げ予定。起業アドバイスを受けつつ、交流会などにも積極的に参加している。
◆私生活
私生活については、読書は、推理小説。綾辻行人の館シリーズが好み。音楽は、ジャズ。山中千尋を愛聴。自転車は、Bianchi。休みの日も良く出かける。好きなブランドは、BALENCIAGA と COMME des GARCONS。福岡・粕屋町の YOSAKOIチーム にも籍を置いている。

 

 

 

 

 

池田 - Ikeda -

 

◆自己紹介
役職&ニックネーム:デザインストラテジー専攻 修士1年、たえちゃん
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
自然光と人工光を一緒にデザインした空間設計ー北欧照明デザインを例にして
日本の照明設計は、自然光の影響を加味した照度設定などの違いは考慮するが、自然光そのものを人工照明と同じようにデザインすることはほとんどありません。なぜなら窓などの開口部は建築家によって設計されてしまうためです。北欧の地下鉄に自然光をうまく取り入れた例があります。私はより良い光環境のをつくるために、昼と夜、自然光と人工光を上手く取り入れたインテリア空間を北欧照明デザインを例にして提案したいです。
◆これまでの実績
学部生の頃は、学園祭実行委員渉外部部長として香椎周辺の地域団体の方々との交流を図り、沢山の方々に学園祭に来場していただけるよう努力しました。また、スキューバーダイビングサークルの副部長としていろいろなイベントを企画してコミュニケーションを図ったり、インストラクターの方々と交流したりと円滑にサークル活動が出来るように、部員達を楽しませることに専念しました。また、院生なった今年は、夏に美術館のボランティア活動に参加し、芸術に直に触れ合いながら地域住民の方々やスタッフの方々と交流して充実した日々を送ることが出来ました。
私はこういったインクルーシブデザイン的な活動を通して、社会に貢献できる人間になっていきたいと強く考えるようになりました。

 

 

 

 

 

井上 - Inoue -

 

◆自己紹介
「やったもん勝ち」の精神。ものごとにボーダーラインは無しと考え、あらゆるものを貪欲にむさぼる。趣味は、音、もの集め、写真、演劇を見ること、活字を読むこと、妄想など。
◆インクルーシブデザイン研究のチャレンジテーマ
「病院検査に関するデザイン」
◆これまでの実績
インクルーシブデザイン「こども+くすり+デザイン」プロジェクト、「教育・研究用小型MRI装置の作製における被写体の画像再構成」研究発表、東京デザイナーズウィーク2007出展「curumi」(共同制作)、JID学生ファニチャーデザインコンテスト2008福岡出展。

 

 

 

 

 

ネルミン・エロクラ - Nermin Elokla -

 

◆プロフィール:
ネルミン・エロクラは九州大学 大学院 芸術工学研究院の学術研究員である。
1997年にネルミン・エロクラは、九州大学 大学院 人間環境学府において建築学で修士を取得、2005年に九州大学で博士を取得した。
ネルミン・エロクラの研究テーマは、インクルーシブデザイン手法とプロダクトデザイン開発への応用にある。さらに感性工学やエモーショナルデザインに関する新たなデザイン参加手法とツール開発もテーマとしている。

 

◆Profile:
Nermin Elokla is a research fellow at faculty of Design, Kyushu University. Nermin got a master degree of engineering, specializing in architecture in 1997, Kyushu University. She was awarded a PhD in design from Kyushu University in 2005. Nermin’s research interest focuses on inclusive design methodologies and their application in the product design development. Her works also focus on developing new design participation methodologies and tools regarding emotional design and Kansei engineering.

 

 

 

 

▲ページトップに戻る

 

Copyright (C) Kyushu University - Yasuyuki Hirai All Rights Reserved. 2008

このページの先頭へ